NPO東京都サッカー審判協会

 
 
トップページ > ブログ " PLAY ON " 

PLAY ON !

それでは!キックオフ!
12345
2019/06/10

球魂会・絵画展のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima
RA東京の長坂会長、青木理事、台湾在住の佐々木会員が参加している
第41回「球魂会・絵画展」

6月17日~23日 京橋・ギャラリーくぼた本館5Fで開催されます。
お近くの方、お時間のある方はぜひご来場ください。
お待ちしています。


22:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 今日の出来事
2019/01/31

1/26RA関東交流会の報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima


「第12回関東RA交流サッカー・千葉大会」開催

RA東京チーム、接戦を制して5連覇を果たす!


 「第12回関東RA交流サッカー・千葉大会」(主催、関東RA・RAちば)が
1月26日、千葉県浦安市の明海大学サブグラウンド(第1部サッカー大会)
とオリエンタルホテル東京ベイ内レストラン・グランサンク(第2部懇親会)を
会場に開催され、RA東京からは20人が参加しました。
交流サッカーで爽やかな汗を流すとともに、関東各県RA会員たちとの親睦を深めました。

第1部サッカー大会では開会式が行われ、長坂幸夫・関東RA会長(RA東京会長)が
大会の意義に触れながら参加者たちを激励しました。
次いで、前大会優勝のRA東京チームが優勝トロフィーを返還し、参加者全員での記念撮影が行われました。



──◇───◇

 サッカー大会は、RAちばチーム対RA東京チームの決勝戦方式(15分ハーフ)でキックオフ。
RA東京チームは、立ち上がり直後にRA
ちばチームの攻撃をしのぐと、
ゲームの主導権を握りましたが得点の好機をものにできず、
スコアレスで前半を終えました。



 後半に入って、終始押し気味にゲームを進めるRA東京チームは、
中盤のパスワークが決まって先取点をゲット。
さらに、ゲームキャプテン・鳴海貴允氏の鮮烈なミドルシュートがゴールネットを揺るがしました。
粘るRA
ちばチームの反撃を1点に抑えて、RA東京チームは勝利し、5連覇を果たしました。




 このあと、参加・関東各都県RA会員混成によるチームが組まれ、
和やかかつ真剣なフレンドリーマッチが繰り広げられました。

──◇───◇

 第2部の懇親会では、交流サッカーの表彰式が行われ、
RA東京チームは長坂・関東RA会長から優勝トロフィーを受け取りました。
また、参加各RA役員のあいさつ、お楽しみ挑戦コーナーがあり、会場全体に歓談と交流の輪が広がりました。



 RA東京の参加者たちからは、「ボールを蹴る楽しさを味わい、関東のRA仲間との絆も深まり、
RA活動の意義と良さを確認できる有意義な一日でした」との感想が寄せられました。

        (リポート・水島祥夫/写真撮影・市川鋼一)


21:03 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 報告事項
2019/01/09

20181110.審判法研修の報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima
少々遅くなりましたが、2018年11月10日実施された「第2回審判法研修会」の報告です。


「平成30年度第2回審判法研修会」に参加して
                         三木通孝
                 
11月10日(土)、味の素スタジアムでマッチメイクされたJ1リーグ
・FC東京対ジュビロ磐田戦でのRA東京「平成30年度第2回審判法研修会
に参加しました。

試合開始前に、研修講師を務める布瀬直次氏(日本サッカー協会S級インス
トラクター、元国際主審)からプリントが配付され、今回のテーマは『動きと
ポジショニング』との説明がありました。また、「試合観戦中には、セットプ
レー時やゴール前のポジショニングに注目して下さい」とのアドバイスがあり
ました。

試合後にもたれたミーティングでは、FC東京対ジュビロ磐田戦の審判団の
レフェリングについて、参加者たちから積極的な意見が述べられました。

特に私の印象に残ったのは、主審が良いポジションを取るために、ランニン
グ中に何度も首を振り周囲の状況を確認していたこと、
および副審の積極的な
ファウルに対するサポートでした。

講師の布瀬氏からは、

(1)コーナーキッ
ク時のポジショニングとして、Jリーグでは
コミュニケーションシステムを活
用しているので、ボールが正しくセットされたか
の確認は2名の副審が分担し
、主審はゴール前の状況を集中的に監視する。

(2)ゾーン14(ピッチを
18分割したときのペナルティーアーク付近の
エリア)は選手のためのエリア
なので、主審は踏み込まないように注意している。
などの解説がありました。

「審判法研修会」は、日本のトップレェフリーのレフェリングを分析し、試合の
マネジメント方法を学ぶ貴重な機会ととらえています。
今後も積極的に参
加したいと思いますし、RA東京・会員の皆さまにも
ご参加をおススメいたします。


08:51 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 報告事項
2018/12/22

11/17.18アンプティサッカー選手権報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima
11月17日18日に行われた「日本アンプティサッカー選手権2018」に
RA東京からも審判として協力参加してきました。

参加された早嵜和幸、早嵜初美さんから報告が届きましたので
お読みください。

11178AmpRe.pdf

PDFです。クリックしてください。

09:07 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告事項
2018/11/06

暑熱環境下におけるサッカー審判員の熱中症

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima
積極的・適切な飲水を! 会員が研究発表!

「暑熱環境下におけるサッカー審判員の熱中症」

R.A.TOKYOの会員(理事)で、東京医科歯科大学 大学院 スポーツ医歯学分野の研究者 中禮 宏(CHUREI Hiroshi) さんが、
11月2日(金)に、札幌で開催された 日本臨床スポーツ医学会 において、
「暑熱環境下に
おけるサッカー審判員の熱中症」という演題で発表しました。
中禮さんから、そのご報告をいただきましたので、ホームページに掲載することで、
会員のみなさんや審判員、そしてすべてのみなさんと成果を共有したいとおもいます。

***** 中禮さんからのメッセージ ************

調査にご協力いただいた審判員および関係者のみなさんありがとうございました。

試合中においては、やはり主審時が副審時よりも飲水制限【水分摂取の制限】を受けるとの明確な結果が出ました。
また、その傾向は1級、女子1級あるいは2級など上級の審判員ほど強いことが示唆されました。
さらに、一般的には「急に暑くなった」など、暑熱馴化がすんでないとおこりやすいといわれている熱中症ですが、
熱中症と思われる症状が発症した状況のキーワードとしては、晴天に猛暑、真夏が続き、
「急に暑くなった」は少なかった。
暑熱馴化していても発症が疑われるサッカー審判員の厳しい状況が示される結果となり
ました。
チーム関係者の皆さんには、選手の確認にフィールド内に入った時は、
今後も審判員にも「積極的に」水を渡す習慣の継続をお願いしてきました。
私の上司(サッカー審判ではありません)からは、
バニッシッングスプレー携帯できるなら、ミニボトル携帯
なども検討すると良いのではないかとの意見をいただきました。

rinspo2018-sapporo-4.pdf
*****************************

10:14 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告事項
2018/09/09

0821SSC杯関東大会の報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima
少々時間が経ちましたが、市川常務理事から
0821に実施された、第69回SSC杯関東大会運営協力のレポートが届きましたので
お知らせします。
下記↓のPDFを開いてご覧ください。

1808第69回SSC杯関東大会運営協力の報告.pdf

09:30 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 報告事項
2018/06/15

球魂会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima
今年もまた、「球魂会」が下記のように行われます。
ワールドカップに疲れたら、ぜひお出かけください。



21:12 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 連絡事項
2018/05/17

5月12日2018総会の報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima

RA東京「2018年度総会&講演会」を開催

NPO法人東京都サッカー審判協会(RA東京)の「2018年度総会&講演会」が5月12日、
武蔵野市・吉祥寺第一ホテルで開催され、26人が参加しました。

総会では、長坂幸夫・RA東京会長が開会にあたっての挨拶を述べたあと、
和田勝・RA東京副会長を議長に選出し、議事に入りました。
議案として、定款の一部変更、2017年度実施事業と成果、2017年度会計収支決算・監査、
2018年度事業計画案・事業会計収支予算案、組織および担当案が報告、発表され、
満場一致で承認されました。
閉会にあたって、高田静夫・RA東京副会長が閉会の挨拶を述べ、総会が終了しました。





 引き続いての講演会では、
関東大学サッカー連盟理事・審判部長の関根弘之氏が、『サッカー漫述』と題して登壇。
自らのサッカーとのつき合いを皮切りに、サッカーのフィールドやオフサイドトラップ、
女子サッカーの歴史などに触れ、世界で活躍する後進の審判育成に携わっている現況を紹介しました。
ユーモアを交えながらの講演に、参加者から盛んな拍手が送られました。







このあと、懇親会がもたれ、参加者一人一人が審判活動など近況報告をし、
和やかで有意義な交流のひとときになりました。

(総会の詳報、関根弘之氏の講演要旨は、『プレーオン』第44号に掲載予定です)


15:14 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0) | 報告事項
2018/04/16

0327SSC杯運営協力の報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima
3月27日、満開の桜の下
SSC杯関東関東大会への運営協力を行いました。
参加した市川さんの報告をお読みください。

★下記のPDF書類をポチっとしてください。
SSC0327.pdf

10:11 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 報告事項
2018/03/12

第11回関東RA交流サッカー大会の報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima

「第11回関東RA交流サッカー・神奈川大会」開催

RA東京チーム、4連覇を果たす!

 「第11回関東RA交流サッカー・神奈川大会」(主催、関東RA・RA神奈川)が3月3日、
神奈川県横浜市港北区のしんよこフットボールパーク(第1部サッカー大会)とレストラン・スマイルテーブル(第2部懇親会)を会場に開催され、
RA東京からは18人が参加しました。交流サッカーで爽やかな汗を流すとともに、関東各県RA会員たちとの親睦を深めました。

 

第1部サッカー大会では開会式が行われ、長坂幸夫・関東RA会長(RA東京会長)が大会の意義に触れながら参加者たちを激励しました。
次いで、参加各RA役員の来賓あいさつがあり、前大会優勝のRA東京チームが優勝トロフィーを返還しました。
引き続き、審判団が紹介され、参加者全員での記念撮影が行われました。

 

 サッカー大会は、RA神奈川チーム、RA東京チーム、RA千葉・RA埼玉連合チームの総当たり戦(各試合15分ハーフ)方式でキックオフされ、
RA東京チームは第一試合目をRA神奈川チームと対戦しました。
攻守一進一退の緊迫したゲーム展開となり、RA東京チームは得点の好機をものにできず、試合はスコアレスドローに終わりました。

RA千葉・RA埼玉連合チームと対戦した第二試合目では、RA東京チームは前半開始直後に先制点を挙げて、試合の主導権を握りました。
得点を重ねて、RA千葉・RA埼玉連合チームの攻撃をシャットアウトし、大勝。
1勝1分けの成績で並んだRA神奈川チームに得失点差で上回り、RA東京チームは4
覇を果たしました。

 

 第2部の懇親会では、交流サッカーの表彰式が行われ、RA東京チームは長坂・関東RA会長から優勝トロフィーを受け取りました。
また、各チーム優秀選手などが発表され、RA東京チームからは篠和義氏が優秀選手、田島清次氏がMVPに選ばれました。

このあと、参加各RA役員の来賓あいさつ、ビンゴ・プレゼントコーナーがあり、会場全体に和やかな交流の輪が広がりました。
RA東京の参加者たちからは、「関東のRA仲間とコミニュケーションを図り、
RA活動の意義を確認できる有意義な一日でした」との感想が寄せられました。

                (写真撮影・河合泰男氏、リポート・水島祥夫)

10:52 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 報告事項
12345
プライバシーポリシー  お問い合わせ Copyright(c) REFEREES' ASSOCIATION OF TOKYO. All Rights Reserved.