NPO東京都サッカー審判協会

 
 
トップページ > ブログ " PLAY ON " 

PLAY ON !

それでは!キックオフ!
12345
2017/12/27

第2回全国RAサッカー大会の報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima

「第2回全国RA交流サッカー大会」にRA東京チーム参加、優勝を果たす!

 「第2回全国RA交流サッカー大会」(主催・日本サッカー審判協会=RAJ、主管・関東サッカー審判協会=RA関東)が12月16日、文京区の東京大学農学部グラウンドを会場に開催され、RA東京は単独チームとして参加しました。同大会は、RA活動の中心である全国の会員相互の親睦を図るために、昨年、西日本地区・大阪府からスタート。今回は東日本・東京都での実施となり、RA関東会長の長坂幸夫・RA東京会長が大会実行委員長を務めました。

 交流試合は、RA東京チーム、チームEast、チームWestの総当たり戦(各10分ハーフ)方式でキックオフ。RA東京チームは第一試合をチームEastと対戦。今年からRA東京の名誉会員に就任した野村六彦氏(JSL初代得点王)、高田静夫・RA東京副会長(RAJ副会長)もメンバーとして、ピッチに立ちました。試合は終始、RA東京チームが押し気味の展開でしたが、再三の得点チャンスをモノにすることができず、スコアレスドローで終わりました。


 チームWestとの第二試合では、前半開始直後にRA東京チームは先制点をゲットすると、ゲームの主導権を握りました。野村氏が随所で往年を彷彿させるプレーを発揮し、高田副会長も得点を挙げました。RA東京チームは得点を重ね、6対0で快勝。得失点差で優勝を果たしました。


 このあと、会場をホテル機山館に移して行われた「懇親会」では交流試合の成績が報告され、RA東京チームからはゴールキーパーとして二試合をシャットアウトした廣瀬学氏が優勝チーム代表スピーチに立ち、ハットトリックを達成した久世健太郎氏が得点王として発表されました。RA東京の参加者たちからは、「関東RA交流サッカーとはひと味違った、RA活動の意義を確認する有意義な大会でした」との感想が寄せられました。

 なお、恒例イベントとして回を重ねる「第11回関東RA交流サッカー・神奈川大会」は、2018年3月3日(土)開催予定です。後日、詳細をご案内いたしますので、RA東京・会員の皆さまには、積極的なご参加をお願い申し上げます。


(写真撮影・河合泰男氏、リポート・水島祥夫)


16:44 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告事項
2017/11/30

日本アンプティサッカー選手権大会の報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima

RA関東、日本アンプティサッカー選手権大会2017に協力
                                                        
RA関東・理事長 早嵜和幸

 

RA関東は、20171111日と12日の両日行われた「第7回日本アンプティサッカー選手権大会2017」に
東京、神奈川、埼玉の各RAから審判協力を行いました。

 会場は、神奈川県川崎市にある「富士通スタジアム川崎」かつてロッテ(現千葉ロッテ)の本拠地だった川崎球場が
アメフト専用スタジアムに模様替えしてできた球技場で、昨年と同じピッチでした。

 審判員として、関西の中出氏を中心に、地元RA神奈川より兼井氏、高橋氏、滝沢氏の名、
JAFA(日本アンプティサッカー協会)審判部長太田一雄氏(RA東京)、半根氏の2名、
そしてRA埼玉から松本RA理事長、遠藤氏の2名、合計で名が参加協力しました。

 私は2日目の決勝トーナメント、順位決定戦「7試合」の見学参加でしたが、
スタンドでの観客数の増加や試合内容の盛り上がり、
審判団も「神奈川チーム(3名)」、「埼玉チーム(3名)」セットで試合に対応することで
より質の高いコントロールの実現を具現化していて、眼を見張る思いを抱きました。

 今年の大会の特徴は、

1.合同チーム①、② と昨年より1チーム増えたこと~従って試合数も増えました

2.小学生、中学生の若い選手が増えたこと

3.スタンドでの観客、応援の方々の数が増えたこと

等が挙げられると思います。

 そして選手個人個人のレベルアップも著しく、チームとしての完成度があがっていた感じがしましたし、
どの試合も白熱した好ゲームが展開されて、更なる審判技術の向上も望まれるところです。

クラッチを使ったプレーに対しての判定基準のむずかしさや
キックインからのシュートに対するゴールインの見極め、
ボールがゴールを割ったかどうかをしっかり見極めるためのポジショニング分担、
アディショナルタイムに入ってからの試合の終わらせ方等まだまだ進化が望まれるところです。

また、選手のルールに対しての理解度も上がっていると感じましたが、
意図的ではないものの競技規則の理解が不十分と思われるプレーも散見されました。

今回、審判で大会協力をされた常連のRA神奈川、RA東京に加え、RA埼玉の3名の方も
しっかりとしたレフェリングで大会の盛り上がりを陰で支えるうえでの存在感を示されました。
毎年関西から参加されて審判団の大黒柱として活躍されている中出氏は、
落ち着いたレフェリングで説得力あるコントロールが見事でした。
とりわけ延長、PK方式までいっての決着となった決勝戦は審判団の支えもあり、
大変見ごたえのある締めくくりが出来て、観ている多くの方々に感動を与えたという印象です。

 決勝戦は昨年と同じカード「FCアウボラーダ(東京) vs FC九州バイラオール」となりましたが、
最後は九州がPK方式を制して昨年の雪辱を果たしました。

 FCアウボラーダ10番のエンヒッキ松茂良ジアス選手とFC九州10番萱島比呂選手の
すさまじいマッチアップは観ている者全員がハラハラするほど迫力あるものでした。
もちろん二人のストライカーのシュートも度肝を抜かれるほどのスピード感があり素晴らしい内容でした。

 この大会の成功はJAFAの関根理事はじめ多くの関係者の協力によるものですが、
我々RAとしても協力の輪を広げていく必要を感じた大会でもありました。
いつものように表彰式に姿を現すセルジオ越後さんの雄姿は
周囲の皆さまにとっても頼もしく感じられたことでしょう。
この大会の今後ますますの発展を心から願わずにはいられません。
関係者の皆様に心からの御礼を申し上げつつ会場を後にしました。

アンプティサッカー2017


13:39 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 報告事項
2017/09/13

RA東京「第67回SSC杯関東大会」に参加して

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima
少々遅くなりましたが
8月23日ブイフィット審判協力の報告をお届けします。
下 ↓ のPDFをクリックすると別画面でご覧いただけます。

vfit17summer.pdf

05:58 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告事項
2017/08/10

「第1回JFL審判法研修会」報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima

RA東京「第1回JFL審判法研修会」を共催

NPO法人東京都サッカー審判協会(RA東京)は7月15日、日本フットボールリーグ(JFL)所属・東京武蔵野シティFCの協力を得て、武蔵野市サッカー協会と共催し「2017年度第1回JFL審判法研修会」を武蔵野陸上競技場で実施しました。同研修会は、若手1級審判員の審判技術から多くを学び、審判活動に活かしていただくことを目的とし、講師には日本サッカー協会審判アセッサーで元国際審判員の布瀬直次氏を迎え、RA東京会員ならびに武蔵野市サッカー協会関係者ら約30人が参加しました。



研修会のテーマには、『ポジショニングと動き』が掲げられ、同競技場で行われた東京武蔵野シティFCホームゲームの対ブリオベッカ浦安戦をスタンドで観戦しました。参加者たちは、①切り替えの早さとボジショニング②ペナルティーエリア内及び周辺のポジショニングをポイントに、ゲーム審判団のレフェリングに目を凝らしました。

試合終了後は、同競技場内総合体育館視聴覚室に会場を移してミーティングが行われました。まず、長坂幸夫・RA東京会長が挨拶を述べ、研修テキスト『審判法入門』(現在改訂第6版頒布中)の作製の経緯と活用法に触れながら、サッカールールの基本となっている「安全、平等、喜び」の三精神の大切さを強調しました。



 続いて、布瀬氏が講師として立ち、研修会テーマ、ポイントを中心に、ゲーム審判団のレフェリングの印象や良かった点について、参加者からの感想・意見を求めました。その中では、東京武蔵野シティFCが収録した当該試合ビデオを通しての確認や解説も行われました。まとめとして、布瀬講師が捉えたゲーム審判団の良かった点や課題が伝えられました。

ミーティングのラストでは、東京武蔵野シティFCの白石英二・事務局長が研修会の継続開催に期待する挨拶を述べました。参加者からは、「これまでとはひと味違った研修会であり、今後も積極的に参加したい」との声が相次ぎました。








22:55 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告事項
2017/05/31

5.20年次総会の報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima

RA東京「2017年度総会&講演会」を開催

全体

NPO法人東京都サッカー審判協会(RA東京)の「2017年度総会&講演会」が5月20日、
武蔵野市・吉祥寺第一ホテルで開催され、27人が参加しました。

総会では、長坂幸夫・RA東京会長が開会にあたっての挨拶を述べたあと、
日本プロサッカーリーグ参与の野村六彦氏に名誉会員を委嘱する旨を紹介し、委嘱状を手渡しました。
次いで、和田勝・RA東京副会長を議長に選出し、議事に入りました。

議案として、RA東京創立20周年を記念した2016年度実施事業と成果、
2016年度会計収支決算・監査、2017年度事業計画案・事業会計収支予算案、
役員・組織案が報告、発表され、満場一致で承認されました。

閉会にあたって、高田静夫・RA東京副会長が閉会の挨拶を述べ、総会が終了しました。

会長野村氏と総会

 引き続いての講演会では、RA東京常務理事で情報博士号を取得している岡田康義氏が、
『フットボールコンファレンスジャパン7回参加者のみる世界の強豪国の現代サッカーの取り組み変遷について
~なぜ2014年ブラジルワールドカップで、ブラジル代表はドイツ代表に大敗したか?~』と題して特別講演。
同コンファレンスに参加した日本サッカー指導者たちの情熱を伝えるとともに、
ドイツサッカーの強さから学ぶべき点として、
組織ぐるみで展開する選手発掘やIT技術を用いたプレースピード分析などを強調しました。

後援会岡田氏

このあと、懇親会がもたれ、参加者一人一人が審判活動など近況報告をし、和やかな交流・歓談のひとときになりました。

懇親会風景


(総会の詳報、岡田康義氏の講演要旨は、「プレーオン第42号」に掲載予定です)
                [リポート&写真撮影:水島祥夫]


22:17 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 報告事項
2017/05/26

第39回 球魂会絵画展のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima

第39回 球魂会絵画展 のご案内

 

本展示会に出品する会員15人の皆さんはサッカーボールでつながる人たちで、
サッカーを愛すると同時に芸術に情熱を燃やし続けています。

R.A.TOKYOからは水墨画に長坂幸夫氏、彫像に青木伸彦氏の二人が参加しています。

皆さまのご来場をお待ちいたします。

 

会期

2017年 6月19日(月)11:00 から

 6月25日(日)15:00  まで。

会場

ギャラリーくぼた本館5階

東京都中央区京橋2-7-11

地下鉄銀座線 京橋駅下車 

MAP  http://www.gallery-kubota.co.jp/map.html

青木氏作品
青木氏の作品


23:15 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 連絡事項
2017/05/18

2017年度 第1回 審判法研修会・報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima
2017年度 第1回 審判法研修会 を実施しました

FC東京様のご協力を得て原則年2回実施する審判法研修会の第1回が、4月30日(日)に
味の素スタジアムでのFC東京ホームゲームを利用して開催された。
(詳
細データは文末をご覧ください。)

研修会
【課題を念頭に試合を注視する参加者。長坂会長(帽子、ネクタイ)、後方に布瀬講師も。】

今回は試合開始前にテーマを設定して試合の見学に入った。
テーマは「コンタクト
を正しく見極めるには」とし、審判員のポジションや見る角度、
どのような判断があ
ったか、などに注力しながら試合を見学した。

試合後のミーティングでは、4グルー
プに分かれ、先ず審判員の良かった点、疑問点をグループごとに発表した。
続いてコ
ンタクトがあったプレーを挙げて各人の考えを述べ、討議するかたちで進められた。

参加者からの代表的な意見として次のようなものがあがった。

良かった点
 ・一貫した判定基準で、安定したレフェリングであった。
 ・これにより選手との信頼関係が築かれ、試合もフェアーに進んだと感じられた。
 ・予測して動き出しが速く、スムーズに動いて良いポジションをとっていた。

疑問点

 ・警告は1件であったが、他に警告とすべきファールもあったのではないか。
 ・アディショナルタイムにプレーオンを採用した場面があったが、ファールとして終了とすべきではなかったか。

最後にコンタクトの見極めに必要な動きと、
ファールと判断するコンタクトについて
解説があり、考え方を再確認した。
今回のようにテーマを絞って分析することは、判
定基準が明確になり実践する上で有益であるとの感想が多くあった。

次回は考えを整
理して研修に臨めるよう、テーマの事前提示を検討し、研修方法を工夫したいと考えている。

【データ】

2017年度 第1回 審判法研修会

期 日 平成29年4月30日(日)
会 場 味の素スタジアム
試 合 FC東京 vs サンフレッチェ広島 15時04分キックオフ
  (結果 FC東京 1:0 サンフレッチェ広島)     
審判員 主審:池内明彦 副審:宮島一代 副審:西村幹也 第4の審判員:堀越雅

研修指導者 布瀬直次
研修参加人数 16名
研修内容
・試合における実地見学
・試合後のミーティング
会場:KFC 2F レストラン
時間:17時00分~18時00分

以上報告:植村副理事長

16:36 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告事項
2017/04/10

「第66回SSC杯関東大会」に参加して

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima

「第66SSC杯関東大会」に参加して  市川鋼一


小学生年代の大会「第66SSC杯関東大会」が329日、
大井埠頭中央海浜公園第1球技場で開催され、
東京都サッカー審判協会(RA東京)から9名が運営協力審判として参加しました。

今年は気温が上がらず桜はまだ蕾の状態でしたが、
この日は暖かく好天に恵まれた絶好のサッカー日和となりました。

大会開会前の審判スタッフ対象の審判実技講習会は「オフサイド」をテーマとして、
実演と体験で、適用への理解を深めました。
 

審判は4人制、主審をRA東京審判団、副審と第四審判を大会スタッフが担当。
また、低学年カテゴリーでは大会スタッフ審判がRA東京の審判団と共に主審を担当しました。
主審の経験に加え、アドバイスをもらえる良い機会になったのではないかと思います。

低学年から高学年まで白熱した試合が展開され、
こども達のプレーに沢山の声援があり、良い雰囲気のなかで大会が進められました。

選手が集中してプレーでき、充実した試合になるように、

ファールに対しては選手に理由を話してルールを理解してもらえるよう努めていきました。
グリーンカードの使用も定着し、表彰式では恒例となったフェアプレーチームの発表も行われました。
スタッフ審判の皆さんは熱心で向上心があり、

ハーフタイムや本部テントでの質問、ルールの確認なども積極的でした。
明るく、良いチームワークで試合を進めていくことができたと思います。我々RA東京のメンバーも充実した活動となりました。
 

表彰式での和田副会長の総評。

今回は前日に行われたワールドカップアジア最終予選の日本対タイ王国戦の技術的分析から、
シュートの正確性、ボールコントロールの大切さが示され、
更にゴールキーパーの技術も練習するともっと良い試合ができる。と話されました。

最後に卒業する6年生の選手が紹介され、送る言葉が伝えられました。

元気で充実した中学校生活になることを願っています。


21:53 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告事項
2017/03/11

第10回関東RA交流会の報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima

   「第10回関東RA交流サッカー・東京大会」開催

      RA東京チーム、3連覇を果たす!

              写真撮影・河合泰男、リポート・水島祥夫

 「第10回関東RA交流サッカー・東京大会」(主催、関東RA・RA東京)が3月4日、
文京区の東京大学農学部グラウンド(第1部交流サッカー)とホテル機山館(第2部懇親会)で開催され、
RA東京からは24人(全員で約70人)が参加しました。
RAtokyo

交流サッカーで爽やかな汗を流すとともに、関東各県RA会員たちとの親睦を深めました。
東京大学農学部グラウンドでの実施につきましては、東京大学運動会ア式蹴球部の協力のもとに実現しました。

 第1部の交流サッカーでは、開会にあたり植村久・大会実行委員長(RA東京副理事長)が挨拶を述べ、
長坂幸夫・関東RA会長(RA東京会長)が大会の意義に触れながら参加者たちを激励しました。
次いで、前回優勝のRA東京チームから優勝トロフィーが返還され、
審判を務める関東大学サッカー連盟・審判育成エリートコース受講生3人が紹介されました。
go3

交流サッカーはトーナメント方式でキックオフされ、RA東京チームは初戦・準決勝をRA千葉チームと対戦。
攻守一進一退のゲーム展開の中、前半終盤に得点しますと、後半にも加点して快勝しました。
go1
引き続いての準決勝・RA埼玉チーム対RA神奈川チーム戦後に、参加者全員での記念撮影が行われました。

三位決定戦後の決勝戦で、RA東京チームはRA埼玉チームと対戦。
立ち上がりに先制点を挙げて試合の主導権を握りますと、
得点を重ねて
RA埼玉チームの攻撃をシャットアウトし、RA東京チームは3連覇を果たしました。
go4

 第2部の懇親会は、早嵜和幸・RA東京理事長が開会挨拶に続いて、
和田勝RA東京副会長の発声で乾杯し、会場全体に和やかな交流の輪が広がりました。

この中で、高田静夫RA東京副会長はじめ参加各県RA役員の挨拶に続き、交流サッカーの表彰式が行われ、
RA東京チームは長坂・関東RA会長から優勝トロフィーと賞状を受け取りました。
また、各チーム優秀選手が表彰され、RA東京チームからは篠和義氏がMVPに選ばれました。

このあと、お楽しみプレゼントコーナーもあり、
植村・大会実行委員長の発声により全員で「プレーオン」の一本締めをし、懇親会は終了しました。

RA東京の参加者たちからは、「関東のRA仲間と交流を深め、
RA活動の意義を確認する有意義な大会でした」との感想が寄せられました。


09:22 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0) | 報告事項
2017/03/10

アートフロンティア展へのお誘い

Tweet ThisSend to Facebook | by:y.uejima
RATOKYO会員の青木さん、郷さんも出品されている
第7回アートフロンティア展が、4月5日~11日に行われます。
お近くの方はもちろん、練馬方面にお出かけの際はぜひお立ち寄りください。
アートフロンティア1
アートフロンティア2
2017.3.10

05:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項
12345
プライバシーポリシー  お問い合わせ Copyright(c) REFEREES' ASSOCIATION OF TOKYO. All Rights Reserved.