NPO東京都サッカー審判協会

 rakanto170304
 
トップページ > ルール Q&A > 第10条 
ルール Q&A 第10条
日本語版『サッカー競技規則 2016/17』の「すべての改正点の詳細」の「第10条 試合結果の決定」「10.2.5」にはつぎのように記載されています。

ペナルティーマークからのキックの前または進行中に、ゴールキーパーがプレーを続けられなくなったとき、そのチームが競技会規定に定められた最大数の交代を完了していなければ、氏名を届けられている交代要員、または競技者数を等しくするために除外された競技者と交代できるが、そのゴールキーパーはそれ以降参加できず、キッカーを務めることもできない。
説明
ゴールキーパーはプレーを続けられなくなった場合、いつでも交代要員(または競技者数を等しくするために除外された競技者)と代わることできるが、キッカーは務められないことを明確にした。

この記載について、2点質問します。

質問1:「キッカーを務めることはできない」とは、交代した元ゴールキーパー(A)のことなのか、交代して新たにフィールドに入ったゴールキーパー(B)なのか教えてください。

また、進行中にGK(A)が交代した場合の交代したGK(B)のキックの資格の有無について、
質問2:「ペナルティーマークからのキックの進行中に、ゴールキーパーがプレーを続けられなくなったとき、そのチームが競技会規定に定められた最大数の交代を完了していなければ、氏名を届けられている交代要員、または競技者数を等しくするために除外された競技者と交代」した場合、
交代前に既にGK(A)がキッカーとしてキックしていた場合としていない場合とで、新たに交代してGKとなった者(B)のキックをする権利は変わるものでしょうか?(競技者を同数にする、キックに資格を有する者がすべて終わらないと2巡目はキックできない、の観点から)
プライバシーポリシー  お問い合わせ Copyright(c) REFEREES' ASSOCIATION OF TOKYO. All Rights Reserved.